カバラ数秘術と運命数

運命数11の意味「霊性の高いメッセージの伝達人」

運命数『11』のイメージ

『11』は、2の要素が強くなった数字です。
2本のアンテナのように直観やひらめきでメッセージを受け取り、世界に伝える使命をもっています。

霊性の高いメッセージの伝達人

感受性の高いアンテナのような人。霊的な感性が鋭く、他人への影響力が強いのが特徴です。直観やひらめきを大切にし、芸術や創作などの目に見える形にして表現すると伝わりやすいでしょう。

キーワードは「直感、二極分化、繊細、鋭い感受性、洞察力」。

頭の回転が速くせっかちです。人には人のスピードがあることを頭に入れておきましょう。

仕事タイプ

『11』の人は、平凡な仕事では満足できません。個性的で夢のある、使命感を持てるような仕事を求める傾向があります。

適職は「学者、研究者、ヒーラー、セラピスト、小説家、音楽家、タレント」など。

恋愛タイプ

直観にたより魂が揺さぶられるものを求めがちです。タイミングが命なので、それを逃すと一切興味がなくなったります。

運命数『11』の人との付き合い方

意見がコロコロと変わるので、周囲の人は振り回されますが、本人はその場の直感で言っているだけだったりします。深く考えず「ん?」と疑問を感じたら、その場で確認するようにしましょう。

運命数『11』の有名人

緒形拳(1937年7月20日生まれ)
吉川晃司(1965年8月18日生まれ)
窪塚洋介(1979年5月7日生まれ)
武田鉄矢(1949年4月11日生まれ)
丹波哲郎(1922年7月17日生まれ)
所ジョージ(1955年1月26日生まれ)
西川きよし(1946年7月2日生まれ)
古舘伊知郎(1954年12月7日生まれ)
三宅一生(1938年4月22日生まれ)
橋本龍太郎(1937年7月29日生まれ)
中田英寿(1977年1月22日生まれ)
三輪明宏(1935年5月15日生まれ)
関根勉(1953年8月21日生まれ)
川端康成(1899年6月14日生まれ)
山田耕筰(1886年6月9日生まれ)
杏里(1961年8月31日生まれ)
国生さゆり(1966年12月22日生まれ)
細木数子(1938年4月4日生まれ)
モーツァルト(1756年1月27日 生まれ)
ビル・クリントン(1946年8月19日生まれ)
ペ・ヨンジュン(1972年8月29日生まれ)

スポンサーリンク

関連記事

カバラ数秘術と運命数の意味
運命数の計算方法
運命数の意味一覧

おすすめの本

鏡リュウジの占い大事典
鏡リュウジの占い大事典

日本の占い研究の第一人者「鏡リュウジ」さんによる初~中級者向けの占いガイドです。数秘術はもちろんタロットやルーン・魔法の話など、これ一冊で占いの世界の概要を知ることができます。楽天市場で見る

癒しの数字 誰も教えてくれなかった"もうひとつの数字"が伝えるスピリチュアルな真実
癒しの数字

カバラ数秘術をわかりやすくまとめた誕生数秘学の提唱者「はづき虹映」さんの本です。数字に隠された真実からはじまり、0~9までの数字の意味と役割が丁寧に紹介されています。楽天市場で見る